ニュース&トピックス・詳細 -私たちはオフィスの企画・設計・施工・維持管理までをワンストップで担う専門家集団です。-

NTT IPD トピックス・詳細

NTT IPDトピックス・詳細

ISO27001(ISMS)とISO14001(EMS)の認証登録を継続維持

2015/02/26

情報セキュリティマネジメントシステム 「ISO27001(ISMS)」 と
環境マネジメントシステム 「ISO14001(EMS)」 の認証登録を継続維持
-NTT IPDに安心して仕事をお任せください-


 NTTインテリジェント企画開発株式会社(以下NTT IPD、本社:東京都港区、代表取締役社長:真木 英男)では、この度 情報セキュリティマネジメントシステム「ISO27001」(以下ISMS)と環境マネジメントシステム「ISO14001」(以下EMS)の認証登録を継続維持しました。

 当社は、お客様のニーズに合ったオフィス空間を演出するプランナーとして、事業の情報化やオフィスの機能アップ、また設備の信頼性向上のお手伝いなど、より便利に、より快適に、安心して働ける環境を提案しています。
 そのためには、お客様情報をはじめとした情報資産に対するセキュリティ確保の主体的な取り組みが21世紀における企業経営の重要課題の一つであると認識すると共に、従業員のすべてが当社事業に関わる環境影響の改善に配慮して行動し、併せて、今、まさに必要な地球環境保全への取組みに貢献するため、情報セキュリティ及び環境の統合的マネジメントシステム(IMS)の確立を図り、お客様に信頼されるサービスの継続的な提供と健全な事業の発展に努めています。

 ISMSは企業などの組織が情報を適切に管理し、機密を守るための計画立案や運用が厳格に行われているか、定期的な外部審査(※1)を受けて取得する情報セキュリティ分野の認証システムです。  
 一方、EMSは、企業などの組織が環境方針や目的を設定し、その達成に向けた取り組みが効果的に行われているかについて、外部審査を経て取得する環境分野の認証システムで、いずれも年度1回受審が義務付けられている認証維持の審査を1月15日、16日の2日間、日本科学技術連盟(※2)により受審しました。
 受審の結果、全体を通して指摘事項(不適合事項)はなく、マネジメントシステムは適用企画(情報セキュリティ及び環境)に対し、適合性、有効性が継続して維持されていることが確認され2月25日に継続が承認されました。

<認証登録内容>
※認証登録番号は現行と変更ありません。
1. ISMS(ISO27001)(※3)
  適用規格:ISO27001:2005
  登録番号:JUSE -IR-075
  初回登録日:2005年9月29日
  有効期間:2014年3月27日~2017年3月26日
  登録範囲:
      ①オフィス内装工事、移転作業及びビル設備の設計・施工・保守業務
      ②社内情報通信システム、セキュリティシステムの企画・設計・施工・保守業務
      ③上記に関連する異業種交流会の開催業務

2. EMS(ISO14001)(※4)
  適用規格:ISO14001:2004
  登録番号:JUSE-EG-378
  初回登録日:2008年3月27日
  有効期間:2014年3月27日~2017年3月26日
  登録範囲:
      ①オフィス内装工事、移転作業及びビル設備の設計・施工・保守業務
      ②社内情報通信システム、セキュリティシステムの企画・設計・施工・保守業務
      ③上記に関連する異業種交流会(※5)の開催業務

 事業の主軸がB to B向けとなる当社にとって、2つのマネジメントシステムの認証登録更新は、当社業務について安全性や信頼性を顧客やパートナー企業に対してアピールできるなど、商取引やサービス提供面から他社との差異化が図られ、顧客が業者を選定する際の大きな強みとなることから、今後もISMS、EMS認証登録を継続することが企業戦略のうえで欠かせない重要なファクタであると認識し、ビジネスリスクを最小化し、そのリターンを最大限にするべく一連の統制を図るなど「NTT IPDに安心して仕事をお任せください」を合言葉に事業拡大に努めていきます。

※1:外部審査
社外の審査員が、その組織の取組みについて、ISO14001(環境/EMS)及びISO27001(情報セキュリティ/ISMS)の規格に適合するかどうかをチェックするもので、会議室での審査の他に審査員が直接オフィスに出向いて社員等にインタビュー(質問)をすることがあります。

※2:一般財団法人日本科学技術連盟
〒163-0704 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル4F 
1946年に創立以来、60年にわたり一貫して品質管理をはじめとする経営管理技法の啓発・普及活動を推進、ISMSほか各種マネジメントシステムの認証取得の相談に応じています。

※3:情報セキュリティ・マネジメントシステム ISO27001 (ISMS)
【Information Security Management System】
企業などの組織が情報を適切に管理し、機密を守るための包括的な枠組みで、情報を扱う際の基本的な方針(セキュリティポリシー)や、それに基づいた具体的な計画・実施・運用、一定期間毎の方針・計画の見直しまで含めた総合的な情報セキュリティ・マネジメントシステムです。
ISO27001(ISMS)を取得するには、一般財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)により認定を受けたISMS認証機関の審査を受け、取得後は通常1年ごとに定期的な維持審査が行われ、3年ごとに更新審査が行われます。

※4:環境マネジメントシステム ISO14001(EMS)
【EMS (Environmental Management System)】
企業や団体等の組織が環境方針、目的・目標等を設定し、その達成に向けた取組を実施するための組織の計画・体制・プロセス等のことで、外部機関の定めた規格に基づいたシステムを採用し、また外部機関からの審査・認証を受けることで、効果的なシステム運用ができ、社会的な評価を得ることができます。
ISO 14001は、国際的な環境マネジメントシステム規格として最も重要で、中小企業など向けに負担の軽い規格もいくつか制定されてきています。
ISO14001(EMS)を取得するには、公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)により認定を受けたEMS認証機関審査の審査を受け、取得後は通常1年ごとに定期的な維持審査が行われ、3年ごとに更新審査が行われます。

※5:異業種交流会
NTT IPDが主幹する勉強会「IB&Cインフォマート」で、平成元年(1989年)に組織され、会員企業のビジネス情報収集、発信、交換する場を提供しています。会員はIT関連企業、環境オフィス構築に関する企業に多く参加をいただいていますが、近年は新しいビジネスモデルへ果敢に挑戦する異業種を含めた企業にも扉を開いて入会を勧奨しています。


                    <本件に関するお問い合わせ先>
                        NTTインテリジェント企画開発(株)
                          企画広報(TEL: 03-6453-7550)